ニキビ跡 治す

スポンサードリンク

ニキビ跡を治す方法 皮膚科・美白化粧品・ハイドロキノンについて

 

ニキビ跡が出来る原因として、潰してしまうと言ったケースが多いです。
ニキビができて気になって仕方ないとしても、絶対に潰さないこと。

 

また頻繁に触っていると、細菌が入り悪化してしまう可能性もあるので、こちらも注意して頂きたい点です。
ニキビ跡を治す方法は「潰さない」「頻繁に触れない」これが第一です。

 

 

ニキビ跡の治療は、美容皮膚科にて行うと良いでしょう。
皮膚科で跡を治す方法は、ニキビの程度によりますがレーザー治療が多いようです。

 

凹凸(クレーター)のようになっている方は、ピーリングやコラーゲン生成作用を促すなど。

 

シミのように茶色くなっている方は美白を中心。

 

 

こちらもなかなか料金が高いので、迷う方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

ニキビ跡になっている場合でも、化粧品で治る可能性は高いと思います。

 

美白系の化粧品を使用する。
ハイドロキノンが配合されているものですと効果が高いとは思いますが、刺激が強いものが多い気がするので、こちらも成分チェックは必ず行ってください。

 

 

今、販売されている化粧品はハイドロキノンが入っていない美白化粧品が多く、更に敏感肌用に作られているものや、無添加処方のものが非常に多いので、ご自身に合う化粧品を探してみるのも良いでしょう。

 

 

美白化粧品

 

saeru(サエル)ディセンシアシリーズ敏感肌用
シーボディ【プラチナVCセラム】(無添加処方)
HANAオーガニック ムーンナイトミルク

 オールインワンなのでコスパが良いですね。

 

 

ニキビ跡が凹凸(クレーター)になってしまっている方はコラーゲン生成を促す化粧品を。

 

ビタミンCとアミノ酸が加わると、コラーゲン生成が効率良く行われるので
ビタミンC誘導体の化粧水・美容液などはやはりオススメです。

 

アイムピンチ
SPプレミアムコラーゲンゲル
こちらはビタミンC・コラーゲン・アミノ酸が全て配合されています。

スポンサードリンク

関連ページ

皮膚科の評判と料金の相場
皮膚科の評判や料金はどうなのでしょう。ニキビが治らなくて悩んだ挙句、皮膚科に行く方も多いはずです。果たして皮膚科は良い方法なのでしょうか?いろいろな皮膚科情報を集めてみたので料金や治るのか、治らないのかご紹介しますね。
ニキビを治す化粧品
ニキビを治す化粧品。化粧品選びは非常に重要な部分となってくると思います。ニキビを治す専用の化粧品もありますのでそちらを試してみたり、ビタミンC誘導体の化粧水や美容液を使用してみましょう。また化粧品の成分をしっかり確認し、肌に刺激のある成分はないか確認することも大切です。
ニキビが治らない、また何度もニキビができる方へ
ニキビが治らない、または何度もニキビができてしまう。もしかしたらニキビの原因が便秘かもしれません。睡眠や食事、化粧品にも気を付けている、皮膚科にも通っている。それなのに何度もニキビができてしまう、または治らない方へのアドバイス。ニキビが治らない、また何度もできてしまう場合、便秘症でリンパの流れが影響いている可能性があります。ニキビが治らない、できやすいあなたは便秘ではありませんか?